Gehirn Infrastructure Services 利用規約

Gehirn Infrastructure Services 利用規約

第1章 総則

第1条 規約の適用

  1. この「Gehirn Infrastructure Services 利用規約」(以下、「本規約」といいます。)は、Gehirn Web Services 基本利用規約(以下、「基本規約」といいます。)第1条第3項において定める「追加サービス別利用規約」です。
  2. 本規約は、ゲヒルン株式会社(以下「当社」といいます。)が、Gehirn Web Services の名称で提供するサービスのうち、Gehirn Infrastructure Services の名称で提供するサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用にあたり、当社とユーザー(基本規約第1条第1項において定義しています。)との間の適用される条件を定めるものです。

第2章 ユーザーコンテンツの取り扱い

第2条 ユーザーコンテンツの取り扱いと権利

  1. 本サービスで表示、送信するコンテンツの一部は、当社の所有物ではありません。そうしたコンテンツにおいては、当該コンテンツを提供する当事者本人が単独で責任を負います。
  2. 本サービスの一部では、第三者のプライバシーや著作権の権利を侵害しない限り、ユーザーは自身のコンテンツを公開、提供することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーの権利は、そのままユーザーが所有します。
  3. 本サービスにユーザーがコンテンツをアップロードまたはその他の方法により提供すると、ユーザーは、当社に対して、そのコンテンツのホスト、保存、複製、またユーザーが公開範囲にアップロードした場合においては、公衆送信、表示、および配信を行うための権利を付与することになります。

第3条 コンテンツのレビュー

  1. 当社は、当社管理下の設備にコンテンツが保存・蓄積されたものに関して、コンテンツが違法か否か、または本規約、基本規約もしくは当社のポリシーに反していないかどうかを判断するために、コンテンツをレビューすることができます。
  2. 当社は、前項に基づきレビューしたコンテンツが違法であると判断した場合には、ユーザーの同意なく当該コンテンツの削除もしくは送信の停止、本サービスの提供の一時停止もしくは解約、または Gehirn ID の一時停止もしくは削除を行うことができるものとします。

第4条 プライバシーと著作権

  1. 第三者から、ユーザーのコンテンツが第三者のプライバシーや名誉、または著作権などの固有の権利を侵害しているという通報、指摘、苦情、削除依頼等があった場合には、ユーザーの同意なく当該コンテンツの削除もしくは送信の停止、本サービスの提供の一時停止もしくは解約、または Gehirn ID の一時停止もしくは削除を行うことができるものとします。

第5条 保管情報と管理責任

  1. 当社は、ユーザーが保管する情報の完全性を保証せず、情報の紛失、破損、漏洩、改ざんがあった場合にも理由を問わず、それらを復元する義務、補償する義務を負いません。ユーザーは、本サービスのデータ・情報保全能力に期待せず、保管情報の紛失・破損・削除・改ざんに備えて定期的に自らバックアップを行うものとします。

第6条 保守およびユーザーのソフトウェア動作

  1. 当社は日常的に本サービスの安定性・快適性の向上に努め、保守や点検、ソフトウェア・アップデート等を実施します。
  2. 当社による保守や点検、ソフトウェア・アップデート等の影響で、ユーザーの設置したソフトウェア、プログラムの動作に問題が生じた場合、または損害が発生した場合、当社はユーザーに対して一切の責任を負わないものとします。

第3章 第三者の利用

第7条 第三者の利用

  1. ユーザーは、本サービスの一部または全部を第三者に利用させる場合、当該第三者に対して、基本規約第19条に定める禁止事項を遵守させる義務を負うものとします。この場合、当社は当該第三者に対して、利用契約上何らの義務および責任を負いません。
  2. ユーザーは、前項に基づき本サービスの一部または全部を第三者に利用させる場合、当該第三者の行為がユーザーの行為とみなされることについて同意し、全ての責任を負うものとします。

附則

  1. 本規約は、2016年2月1日より適用されます。